X-T10用の純正メタルハンドグリップは必須だ


X-T10って小さい

分かってて買ってるんですが、X-T10って小さすぎるんですよね。だからこそ持ち運ぶし、かばんにいれても邪魔にならない。でも写真撮ってる時のグリップ感はやっぱり物足りないです。カメラを持つことに気を取られてしまっているような感覚です。しっくりくるという意味では前に使っていたX-E1のほうが良かったかもしれません。

メタルハンドグリップをつけると別のカメラのよう

・グリップ力向上
・安定した重量に

グリップ感は当然良くなります。親指の腹でFnボタンを誤プッシュしてしまうことが多かったのですが、それがなくなりました。また、重さもちょうどいいずっしり感になり、手ブレが抑えられるような気がします。気がするだけですが、安心して撮影できるということです。

・光軸上に三脚穴が来る
・アルカスイス互換!

X-T10の三脚穴は光軸上にありません。グリップはその三脚穴を取り付けネジ用に使い、グリップ本体にはまた別の三脚穴が設けられています。これが光軸上に来るのです。じゃあもうグリップ必須じゃないか。

そしてそもそもグリップにはアルカスイス互換の溝が彫ってあります。MeFOTO A1340にもバッチリ装着できました。クイックシューをつけてると不格好ですが、これならいつも持ち運ぶスタイルのまま三脚を利用できますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です