700円弱で手に入るSecridなカードケースwithマネークリップ

財布を小さくしたイズム


大きい財布が嫌いです。長財布なんてもってのほか、邪魔でしかありません。さらには「大人の男はちゃんとしたブランドのちゃんとした財布を..」という日本人のおっちゃんだけが放つ謎の概念が嫌いです。

財布は小さくあるべきです。小さいものは美しいのです。財布が小さければ、ポケットがパンパンになりません。ということは、常にポケットに入れておけます。わざわざカバンにしまったり、デスクに置く必要がないので、財布を忘れることがなくなります。はっきり言って良いことしかないですね。

小銭からの解放

財布を小さくしようと考えるといずれブチ当たる障壁、それが「小銭」です。 僕の考えでは、小銭を持つ限り財布は小さくなりません。小さくなるように設計された財布の小銭入れは、使いやすいとはいえません。僕が愛用していた「小さいふ ペケーニョ」は、小銭入れの使いやすさは抜群でしたが、やはり小銭を入れると厚みは増します。

小銭を入れると財布が大きくなる。財布を小さくしようとすると小銭入れが使いづらい。じゃあ、小銭を持つのをやめるしかないんです。

Secridのコピー商品

banggoodという中国のサイトで、カードが飛び出すあのSecridのコピー商品を見つけたので購入してみました。本家Secridは単体ではお札が入らないのですが、この商品はマネークリップが付いているので単体で財布として成り立ちます。

カードは6枚まで入ります。紙幣はある程度詰め込めるので、挟めなくて困ることはなさそう。

小さいふと比べてみました。フットプリントも厚さも、残念ながらあまり変わりませんでした。

いいところ

レバーを引くとカードが綺麗に出てくるギミックは、思ったよりも相当便利でした。よく使うカードはいちばん手前かいちばん奥に入れると取り出しやすいです。間のカードは手前のカードから下にしまっていけば取り出しやすくなります。

RFIDなカードはいちばん奥に入れておき、レバーを引いた状態でタッチすれば反応します。

イマイチなところ

まず、サイズが以外とデカイこと。ペケーニョと比べてもあまり小さくなりません。

その2次被害として、マネークリップが使いにくいです。おそらくマネークリップ単体であればスムーズにお札を支払えると思うのですが、カードケースと一体になっていることによって手に余ってしまい、お札を数えて支払うのが難しいです。

引き続きペケーニョを使います

700円というお試し価格で買ったので期待していませんでしたが、メインで常用するのは難しいと感じました。ペケーニョに小銭を入れた状態と比べても、ポケットに入れた時の圧迫感が余り変わらないので、ペケーニョの優秀さを再認識しました。

引き続きコンパクトな財布探しを続けてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です