iPad mini 4での入力はソフトキーボードが最高

キーボードカバーに浮気しようとするも在庫がなくて冷静になる

ヨドバシカメラでBelkinのキーボードカバーを発見し、買うかどうか迷うことに。

https://www.amazon.co.jp/dp/B01IHGJMKM/ref=cm_sw_r_cp_tai_th06xbHSP2SXQ

ロジクールのもあったけど、Tabキーがfnを使わないと入力できないので断念。

結局Belkinの商品カードをレジに持って行ったんだけど、在庫が無いということで買えませんでした。

やっぱりソフトウェアキーボードが1番いいような

キーボードカバーが良く無いのは、裸持ちがすぐにできないこと。一体型なのでキーボードを別に持っていかなくて済む代わりに、とっさの柔軟性に欠ける。

キーボードを別に持って歩くのもそれはそれでダルい。

そういう意味でいうと、iPad mini 4用のSmart Keyboard が出てくれるのが一番うれしいんだけど、それはなさそう。むしろminiはディスコンになりそう。

じゃあminiで一番快適な入力方法は何かというと、絶対ソフトウェアキーボードだと思う。これは7.9インチだから言えることで、縦持ちにしても横持ちにしても、デカすぎないのでゲームボーイのごとく把持して両親指で快適に入力できる。また、Quik Typeの予測変換へのアクセスは断然ソフトウェアキーボードで入力している方が素早くタップできているはず。

と、いうことを自分に言い聞かせて、アクセサリーでの散財を減らしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です