「Flume」シンプル&クールなMac用Instagramクライアント (Setapp)

Setappで使い放題なInstagramクライアント、Flumeを使ってみました。Setappの記事もご覧ください。

人気の有料アプリ群が月額9.99ドルで使い放題なSetappをレビュー

写真を見ることに集中できるシンプルなフィードが特徴



Flumeのフィードはフォローしてる人の写真が連なる非常にシンプルな画面(左)。キャプションもコメントも何も表示されず、どのユーザの投稿かもわかりません。写真の魅力が直に伝わってくる感じで、心地いいです。グリッドビューでも閲覧できます(右)。

ただ、SNS的に友達の投稿を楽しみにしている使い方の人は、誰の投稿かわからず使いにくいと感じるかもしれません。

ストーリー以外の機能は網羅している

写真をクリックするとキャプションやコメントなどの情報が表示されます。写真をダブルクリックでいいね!できます。タグフィードやコメント、返信など、基本的な機能はすべて使えます。ストーリーはさすがに見られないですね。

有料の投稿機能もSetappなら追加料金なし

メニューから投稿もできます。AppStrore版はアプリ内課金のオプションですが、Setappでは最初から使えます。投稿した時の画質の劣化も僕が使った限りだとなさそうです。




人は選ぶけど俺は使う

  • シンプルなフィード
  • Macで現像した写真をそのままMac投稿できる

この2点だけでも僕にとっては使う価値アリです。特に最近はLightroomでの現像も練習しているので、どんどん活用していきたいと思います。特に機能的に何か特化しているものがあるわけではありませんが、デスクトップに写真を飾るような感覚で使えるので同僚にモテそうですね。

Flume

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です