2000円台で買えるDeepPowerのiPhoneバッテリーケースがかっこいい


iPhoneのバッテリーが毎日ギリギリなので、バッテリーケースを購入してみました。今までバッテリーが心配な時はCheeroの3000mAhくらいの一番小さいモバイルバッテリーを持ち歩くようにしていましたが、結局常に持ち歩くことになってしまったので一体型にすることにしたのです。バッテリーケースは初めてなので、とりあえず一番安いのを買ってみました。

安いのにカッコいい。

容量が小さいとはいえ、安い。値段の変動が激しいですが、2000円から2500円くらいで購入できます。2000mAhということで、フル充電1回強というところでしょうか。僕はグレーを選びました。


バッテリーケースとしては軽いほうらしいですが、結構ずっしりした印象です。でも片手で触っていても気にならない程度ですかね。むしろ安定しているかも。

充電はLightningケーブルで


なんと、ケースの充電もLightningケーブルでできます。ケーブルを挿すとLEDインジケータが点滅するとともにiPhone側も充電状態になりました。一体どう言う状態なんでしょうか。


イヤホン穴は他のバッテリーケースよりも浅くなっているようですので、純正以外のイヤホンジャックにもある程度対応できそうです。

カッコいいのはいいんだけど、いつ給電されるの?


とにかくカッコいいのですが、背面のボタンを押してもLEDが点灯するだけで、一向にiPhoneに給電される気配がありません。そろそろバッテリーが40%を切るのですが、どうやったら給電出来るのでしょうか?故障ですかね….

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です