Apple Watchのある生活ってこんな感じ


Apple Watchって買いなのでしょうか?もう買ってしまっている身としては毎日充電して使わざるを得ないのですが、「無いと死ぬの?」って言われると「うーん?」って感じです。普段の生活の中でApple Watchを活用している場面を整理してみました。

関連記事↓

Apple Watch Series3 CellularモデルをキャンセルしてCellularなしモデル+AirPodsを購入しました

Apple Watch歴2年弱の僕がSiriフェイスを使う理由

朝起きる


朝起きたらコンプリケーションにあるSleep++を起動して、Stop Sleepingボタンを押します。今回の睡眠がどのくらいのクオリティであったか、ざっくり確認できます。確認してどうするかは聞くのはヤボです。

僕のApple Watchは初代なので、電池がSeries 2ほど持ちません。寝ている間、Sleep++のために装着していたので、このまま夜まで装着していると22時ごろにバッテリー残量10%くらいになってしまいます。不本意ですが、起きてすぐ充電器に置きます。コーヒー飲んで歯を磨いて着替えている20分くらいの間にフル充電されるので、すぐにまた装着します。

通勤のため車に乗る

車に乗ってエンジンをかけると、パイオニアのカーオーディオが自動的にiPhoneに接続され、音楽が流れます。大抵昨夜聞いていた音楽が流れるので、眠い旋律が流れます。僕は運転しつつ、Apple WatchにHey Siriをしてテンションが上がる曲を流します。


また、コンプリケーションにある天気アプリ日没時間を見て、今夜星空タイムラプスが撮影できるかどうかを確認します。


会社で仕事

会社でデスクワーク中、Apple Watchがバリバリ活用されることはありません笑

強いて言えば、時間を確認するときに、コンプリケーションに表示している次のミーティングの予定を見るくらいです。今後はポモドーロアプリを探して活用してみたいです。


ただ、通知マシーンとしてはひたすら優秀で、Macよりも先に通知が来ます。Macにも通知がくるのですが、Apple Watchで通知を確認することがほとんどです。iOS用のメールクライアントとしてSparkを使っていますが、Watchの通知の中である程度本文も読めてしまうのと、既読にならないのでMacのThunderbirdの通知を見るより便利です。


帰宅のため車に乗る


車に乗ったら、コンプリケーションにあるWorkflowを起動して「今から帰る」ワークフローを実行します。これにより、家に帰るまでの所要時間が自動的にiMessageされます。詳しくは過去の記事をご覧ください。

AppleWatchで「これから帰る」を自動化した

自宅にて

料理をしているときはタイマーを多用します。ノイズキャンセリングヘッドホンをしていることが多いので、タイマー終了が手首の振動でわかるのはとてもよいです。


明日買わなきゃいけないものはHey Siriでリマインダーに追加します。「Hey Siri, 買い物リストにティッシュを追加して」で大抵のものは追加できます。時間指定のリマインダーも余裕です。


Apple TVでビデオを見るときのリモコンもWatchのRemoteアプリでたまに操作します。


ランニング時

Runtasticと純正のワークアウトアプリで記録します。心拍数もヘルスケアに記録されます。最近は寒くて走れません。


入浴時

充電タイムです。

就寝前

眠りにつくための静かな音楽が入ったプレイリストを、コンプリケーションにあるWorkflowから流します。Sleep++でStart Sleepingします。



その他使ってる機能・アプリ

  • Watchで電話に出るやつ。手が汚れてたり塞がってるときに普通に使えます。音が悪いって言われたこともないですね。ただ、恥ずかしいです。
  • 文字盤の切り替え。これはとてもいいです。いろんな文字盤にいろんなコンプリケーションを置いて、シチュエーションごとに文字盤を切り替えるみたいな。
  • Dock。欲しいアプリにアクセスしやすくなったのでいいアップデートでした。

Overcast

Podcastアプリです。30秒送りなどが便利です。


Swarm

たまにチェックインに使います


あんまり使えない機能・アプリ

  • Apple WatchでMacのロック解除はイマイチ遅い。
  • Twitterやニュースなど、Watch上でコンテンツを閲覧するのは無謀。
  • LINEやSlackなどでメッセージを読み込もうとするのも無謀。遅すぎ。
  • クイック返信系はクイックじゃない場合がある。Slackの👍は便利。

結局一番使うのは

「iPhoneを探す」でしょう! このボタンを押すとiPhoneから音が鳴ります。家でiPhoneを何回も見失うので、鳴らしまくり。特に朝出かけるときは必ず鳴らします。しかもこれ、長押しするとフラッシュライトも点滅するんですよ。


こうやって見ると結構使ってた

結構使い所はあります。Watch OS3からだいぶサクサク使えるようになりました。特にWorkflowのチート感はやばいです。無限大です。

ただ、全部iPhoneでもできるタスクですよね。ポケットからiPhoneを出さなくていいというメリットがどのくらい響くかが購入するかどうかの指標になるのではないでしょうか。

関連記事↓

FullmosaのApple Watch革バンドが安くてハイクオリティ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です