まだWebのGmailとGoogleカレンダーで消耗してるの?

OSXとGoogle Appsは相性が悪い!?

確かMarvericksくらいまではOSXのカレンダーにGoogleカレンダーを設定すると、予定が重複したり、うまく同期されなかったり色々不具合がありましたよね。生粋のマカーの方も、会社でGoogle Appsを使わされる場合は渋々ブラウザでぽちぽちスケジュール管理していたかと思います。もしかしたら今もOSXとGoogle Appsの相性が悪いというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

El Capitanのカレンダーは全然そんなことないですよ

カレンダー

OSXのカレンダー、めっちゃ快適です。今はGoogleカレンダーを同期できるし、予定の作成や参加者の招待も普通にできます。私の大好きな機能は、左上の+ボタンから予定を追加する機能。「明日の15時に展示会の打ち合わせ」と入力すると15:00に時間が設定されたスケジュールを追加してくれます。スマート!

Gmailもメール.appで使えますよ

メール

Google Appsを使っていて、規定で2段階認証を義務づられている人も多いはず。メール.appはYosemiteまではGmail側でアプリパスワードを発行しないとログインできませんでしたが、El Capitanからは2段階認証に対応したので、Googleのログイン画面でログインすれば普通にメールアカウントとしてメール.appに追加できます。

ホテルの予約メールや打ち合わせ伺いのメールがあれば、自動的に空気を読んでカレンダーの方に追加してくれますよ。

予定をメールから追加

わざわざWebアプリをネイティブアプリで使う意味

セキュリティ

こういうブログであまり言っている人を見かけませんが、Webアプリケーションにはいろんな脆弱性が含まれることが多いです。さすがにGoogleなのでセキュリティ対策は万全だと思いますが、神経質な人はネイティブアプリを使う方が幾分か安全だと思います。

Cmd + Tabで切り替えられる

OSXのショートカットで皆さんが頻繁に使うと思われる Cmd + Tab ですが、WebアプリケーションだとSafariなどのブラウザの中で動いているため、切り替え対象になりません。すぐにカレンダーを見たいのに、タブどれだっけ?と探し回るのはスマートではありませんよね。

Appleのエコシステムの恩恵

iPhoneとMacを使っているのなら、Apple純正のアプリを使う方が様々な場面でエコシステムの恩恵を得られます。カレンダーの情報やメールはHand offで端末間で編集状況を引き継げますし、予定やメールの検索はSpotlightの検索結果に何も設定しなくても出てきます。メール本文からのスケジュールの作成もそうですね。

結論: AppleユーザはAppleアプリを使っとけ

イケダハヤト式タイトルをやってみたかっただけなんですが、要はApple製のアプリ・Apple製品を使うことで最高のパフォーマンスを得られるよということです。Appleに限らず、一社の製品に統一することで当然ながらとてもたかい親和性を体験することができます。もう「会社がGoogle Appsだから…」と諦める必要はありません。一度お試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です