1Passwordに対応していないアプリでもスムーズにパスワード入力する小技


パスワード管理してる?

皆さんはちゃんとパスワード管理していますでしょうか?管理していない人はどういうつもりなんでしょうか?やる気あるんですかね?日々増えていくWebサービスやアプリのパスワードはもはや1人の人間の頭の中だけで管理することはできません。だからといって全部同じパスワードにするのはもっと危険です。みなさん大人しく1Password使いましょう。どうせ自分じゃ管理できませんよ!

今回は1Passwordに対応していないアプリでスムーズにパスワードを入力する小技を紹介します。1Passwordを使っている前提ですが、ほかのパスワード管理アプリでも同じはず。あとiOS9以降でしか使えません。

準備

Wdgtsをインストール

ウィジェットのアプリです。


WdgtsのApp Launcherに1Passwordを登録



これで準備はオッケーです。

Evernoteにログインしてみる

さっそくアプリにパスワードを入れてみましょう。

ログインするアプリを起動します
ログイン画面になったら、通知センターを引っ張り出します。


1Passwordのアイコンをタップします


アカウントを探して、パスワードをコピーします


ここがポイントなんですが、
左上を見ると1つ前のアプリに戻るボタンがありますね。これはiOS9からの機能で、タスクスイッチャーを起動しなくても前のアプリに戻ることができるホームボタンにやさしい機能なのです。


あとは前のアプリに戻ってペーストするだけ。


普通にアプリを切り替えて入力するのとあまり変わらないように見えますが、タスクスイッチャーが起動しないだけでも体感でははすごくスムーズになったように感じます。
1Password以外にも活用できそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です